About homma

  • Website: or email
  • Biography:

Posts by homma:

 
0

ユーザーはどのような行動や反応をし、何を望んでいるのか

Facebookは2011年に2億人以上増え、8億人のアクティブユーザーがいます。

すでにソーシャルメディアは世界中の文化や生活の中に入り込み、
リアルとネットのパイプラインとなっています。

これからビジネス成長を望んでいるなら、
この偉大なプラットフォームで、ファンや顧客とFacebookを通じて
コミュニケーションを図っていく必要性があることを理解することが重要です。

今回は、AYTMの調査レポートから読み取れるinfographicを紹介します。

Branding and Social Media Statistics – How People Are Interacting With Brands Online
Source: AYTM Market Research

いかがでしたでしょうか。

・70%以上の人がFacebookに毎日ログインしている
・100人以上の繋がりを持っているユーザーが約60%以上
・ソーシャルメディアを通じて企業ファンの感情は+になる
・ファンとなっているページでの反応状況
・ファンが欲しがっている情報
・どこから情報を手に入れているか
etc.

細かな解説をしておりませんが、ユーザーはどのような行動や反応をしているのか、
そしてファンは何を望んでいるのか、理解いただけると思います。

 
0

アクションに影響を与えるソーシャルメディア活用の必要性

昨年から、もの凄い勢いで広がっているFacebookをはじめとするソーシャルメディア。 私たちは色々な業種で、様々な取り組みとその企業のファンを見てきました。 Facebookページを開設し、積極的にファンと向き合う姿勢があるのか、ないのか。 そして、そもそも何のためにFacebookを利用していきたいのか。 これらが明確な上での取り組みは、非常にやり甲斐をもたらします。 今後持つべき視点として・・・ ユーザーはすでにインターネットと通じて関連する商品・サービスを 必ずどこかで探している。 ただ探す術として、今までは主に検索エンジン(キーワード)からだったものが、 より信頼性の高い知り合いや友達からのクチコミや評判を重視し、 そこから購入に至るケース(アクション)が増えてきている。 そこに、企業側からソーシャルメディアを介した アプローチがなかったらどうなのでしょうか? そう、いつまでも受け身のままではダメなのです。 これからは、検索エンジンからの結果でも、繋がっている友達や ファンになっている企業などから関連する情報が 当たり前に入ってくる時代になるでしょう。 今から積極的にお客様へアプローチしていなければ、 そこで大きな損失となるのです。 これは「個人」でも同じことが言えるのかもしれませんね。 インターネットの世界もまた大きく変わろうとしています。 ソーシャルメディアを通じていかに接点(きっかけ)を築くか。 これから間違いなく重要なポイントになると思います。

 
0

Static HTMLの管理画面にログインができない

On 2011年12月14日 in Static HTML, Static HTML トラブル解決

2011/12/14より、Static HTMLにログインできない 障害が発生しております。 調査をしたところ、Facebook側の原因によるスクリプトエラーが 起こっており、ログイン連携が取れない状況にあります。 他社アプリにつきましても、同様のエラーが起こっております。 数時間ほどで復旧されると思われますので、 ご不便おかけいたしますが、もうしばらくお待ち下さい。 なお、現在制作されているページの表示につきましては、 正常に表示されますので、ご安心ください。 こちらの内容は、2011/12/14 18:00 に復旧を確認いたしました。

 
0

みんなに伝わるFacebookの凄さ

このブログ記事投稿日は2011年11月22日(火)、 「いい夫婦の日」であります。 先日、個人的なお話しですが、 大好きな彼女と念願の結婚式を挙げることができました。 みんなにこの嬉しさを伝えたくて、 私は写真とコメントを添えてFacebookに投稿したのです。 そこで起こった出来事は、本当に驚きでした。 私の友達は550名ほどいるのですが、 なんとその内の200名の方々から、 「いいね!」や「お祝いのコメント」を頂いたのです。 こんなに嬉しいことはない!! そして感謝の気持ちでいっぱいでした。 30%以上もの方が私の近況を知り、 アクションを起こしていただけたことになります。 Facebookがあったからこそ、繋がっている方々に 私の近況を手軽に伝えることができたわけです。 つまり、「共有する」ためのとても素晴らしい ツールであることを、改めて実感したのです。 Facebookがなければ、このような「みんなで共有した感動」を いただくことは、なかなかできないハズであります。 さて、Facebookをビジネス活用されている方々にも 同じことが言えます。 ・心温まる情報がそこには投稿されていますか? ・ファンにメリットのある情報が投稿されていますか? ・ファン参加型のコミュニケーションをはかられていますか? Facebookは根本的にはコミュニケーションツールであり、 そこには素晴らしい「共有機能」を持っています。 あなたの企業のファンの方々と共有したい情報は、 いったいどのようなものでしょうか? さらには、ファンがみんなと共有したくなる情報を ぜひ考えてみてください。 きっとその情報は、たしかな反響があるはずです。

 
0

タブ(ページ)を押したらタブ名が変わってしまう

On 2011年11月16日 in Static HTML トラブル解決

オリジナルページが制作できるFacebookアプリのタブ名 (プロフィール写真の下のメニュー名)を押すと、そのタブ名が 変わってしまう(登録アプリ名が表示される)不具合が起きています。 複数のタブをインストールされてる場合も、 すべてのタブ名が変わってしまいます。 提供しております「StaticHTML」でも同様の現象が起きており、 タブ名を「ようこそ!」等に設定したにもかかわらず、 初期設定名「StaticHTML2」等の表示名に変わってしまいます。 現在、他の多くのアプリでも同様の現象が起きており、 Facebook側の仕様改善を願っておりますが、 弊社でもいち早く改善されるよう詳しい原因を調査中でございます。 少しご不便おかけしますが、 しばらく様子をみていただければと思います。 こちらの問題ですが、2011/11/18に改善を確認いたしました。 再度何かしらの不具合等発生した際に、報告致します。 

 
0

Static HTMLでファイルアップロードできる拡張子について

On 2011年11月9日 in Static HTML

「Static HTML」をご利用いただき、誠にありがとうございます。 この度、多くの方からご要望をいただいておりました、 画像ファイル以外のファイルアップロードできる拡張子対応につきまして、 容量制限以内であれば、さまざまなファイル形式をアップできるようになっております。 jpg/gif/png/pdf/css/js/swf ファイルなど。 例えば、これまで直書きされていたスタイルシート情報など、 複数のタブ(ページ)に外部ファイルとして同じスタイルシートを 利用することが可能となっております。 今後とも「Static HTML」を、どうぞよろしくお願いいたします。

 
0

60,000件にインストールされるFacebookアプリ「Static HTML」

On 2011年10月31日 in Facebook(フェイスブック)

ここ最近、Facebookのビジネス活用がさらに増しています。 先日開催された、「ad:tech tokyo」や「Web&モバイル マーケティングEXPO【秋】」では、 多くの出展企業がFacebookなどのソーシャルメディア関連でのアプローチでした。 つい去年までは、思ってもいなかった現象です。 それだけ日本にもFacebookが浸透し、ユーザーが驚異的に増え、 サービス提供側も魅力を感じ、ソーシャルを積極的に活用していこうと 前向きに検討している企業も増えていると実感しています。 当社が提供しているFacebookビジネスアプリ「Static HTML」は、 このたび、累計60,000件以上のFacebookページにインストールされ、 日々、数百件の新規インストールがされています。 Facebookページにコンテンツを簡単に追加できる、 ホームページ制作者向け国産Facebookアプリとして、 日本のビジネスアプリではシェアNo.1を誇ります。 多くのみなさまにご利用いただき、大変嬉しく思っております。 最後に、「これからFacebookページを活用していこう! けれども何からどう手をつけたら・・・」と、思われている方に向けて、 当社ではセミナーを開催しておりますので、ご興味ございましたらぜひお越しください。 最新のFacebookセミナー情報はこちら >>  

 
0

Facebookページの組み立て方

みなさんは、【何を目的】としてFacebookページを開設し、 日々投稿する内容に悩まれ、頑張られているでしょうか? それは、 新規ユーザーを獲得するためですか? 顧客満足度を高めるためですか? 採用のためにですか? etc. 目的はさまざまですが、普通の企業でPR目的であれば、 売上を上げるために開設されています。 ただ、よく間違えられるケースは、その場(Facebookページ)で 直接売上を上げることをミッションに捉えられていることです。 根本として、Facebookは企業とファンを身近にする コミュニケーションツールです。 コミュニケーションの中で営業をされることは、 見られる側にとっては面白くない話しですよね。 視点をちょっとズラして、単純に商品をPRするのではなく、 商品・サービスに対して見えていない部分などを発信していく。 という視点を持つと、ファンはきっと興味を抱いてくれることになります。 知らない事を知るということは、メリットとなります。 そこではじめて商品に目を向けてくれるのです。 例えば、 新商品の○○○○○が発売されました! 発売記念として、××月××日まで40%OFF! == これは、その商品ページを見ればわかることです。 ↓ 新商品の○○○○○は、実はとても開発に苦労したのです… それは、まずは素材選びから。何百もある素材の中から一番 この綺麗な曲線を絵描くことができるものを何回も試作しできたのです。 == これは、商品ページには掲載されないものです。 その頑張りを知ることで、商品に興味を抱きますよね。 こうすれば、もう営業ではなくなります。 直接の売上ミッションとしてではなく、 ホームページとの役割を明確にすることで、 あなたのFacebookページが活きてくるのです。 ひとつのコンテンツとしてFacebookページを開設したケース 保険のことを親身になって相談してくれる「保険クリニック」さんが、 Facebookページを通じて最近新しい試みをはじめました。 保険屋さんがFacebookページをどう使うの!? と、思われると思います。 実は、全く関係のないコンテンツとして開設しました。 それは、保険クリニックのかわいいキャラクターのコンテンツなのです。 「いっきゅうくんの生活」というFacebookページを開設。   日常生活の中にある温かい情報や、節約術など、 保険とは関係のない情報を発信していくのです。 それは、間接的に保険と関わりがあるからなのです。 生活には欠かせない、何かあった時のための保険。 日常生活の温かいこと、楽しいことを「いっきゅうくん」を通じて 仲良くなってもらえれば良いのです。 本当に必要となったときに、「保険クリニック」に相談して もらえれば良いわけなのです。 最近はフォトコンテストがあり、 とても温かい家族の写真がアップされていますよ!

 
0

Secure browsing is not supportedが表示されるように

On 2011年10月5日 in Facebook(フェイスブック)

本日より、さまざまなFacebookページを見ていると、 以下のように表示されるケースが多発しています。 これまでのコンテンツが見れなくなり、 「Secure browsing is not supported」が、 ついに表示されるようになりました。 これは先日お伝えしておりましたように、 SSLに対応できていないページ(タブ)アプリが対象となっています。 みなさまのFacebookページはいかがでしょうか? これから益々Facebookビジネス活用が広がっていく中、 SSLに対応できていない場合は大変痛手となります。 現在対応できていないiframeでの制作アプリにつきましては、 SSL対応を急がれるか、当社 Static HTML のご利用をお勧めいたします。    

 
0

ご存知ですか?今後はFacebookアプリはSSL対応が必須に。

On 2011年9月29日 in Facebook(フェイスブック)

2011年10月1日(土)より、Facebookアプリ (キャンバスアプリならびにタブアプリ)がSSL対応必須となります。 例えば、よくWelcomeページ(おもてなしページ)をiframeで 制作されているケースが多いのですが、それも対象となります。 今でも、個人設定でセキュアな接続(https)をされている場合、 以下のようなアラートが出るFacebookページは多くあります。 これだけでも、ユーザーからするとストレスであり、不安要素となります。 未対応の場合は、今後見れなくなるなどの影響も考えられます。 なお、「Static HTML」 では、すでにSSLに対応しておりますので、 安心してご利用いただけます。 サーバも必要とせず、アプリ内に画像データをアップし、 ストレスなくユーザーが閲覧できます。 最後に、Facebookページを制作される企業さまには、 お客さまにより安心してご利用いただけるよう、 パートナー制度を設けております。 まずはお気軽に、ご連絡をいただければと思います。

Copyright © 2011-2012 Facebook情報 ブログ All rights reserved.
Desk Mess Mirrored version 1.8.6.1 theme from BuyNowShop.com.